2012年3月7日水曜日

高・コウ。皇・ク。産・ウ。霊・リ=高句麗



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録26:11頁

 《高・コウ。皇・ク。産・ウ。霊・リ=高句麗
 《高・コウ。皇・ク。産・ウ。霊・リ=高句麗

 本題に戻ると、これで大国王は絶対に「俀国王」ではないことが決定的になった。

 ダイ国という、そんな国も呼び方も我が国には実存しなかったのである。

 しかし大国主は「ダイコクサマ」と呼ばれる。

 これはなぜなのだろう?。

 これは大黒様と書くので、

 インドの神・マハー(大)・カーラ(黒)=仏教の天部の大黒天のことだとすぐわかる。

 鋭く対立している宗教どうしの間では、こんなことは絶対に起らないから、

 こんな各で呼ばれた大国主が、仏教系の王だったことは間違いない。

 その仏教はソナカを名乗る王が引き連れた仏教宣布団が、

 弥生時代に我が国まで来て、

 ソナカ王子が卑弥呼と結婚して、

 仲哀天皇と神功皇后とになり、

 その経緯が天の稚彦の物語りとして

 『記・紀』に記録されたこともよく御存知である。

 『日本書紀』は稚彦の死後をこう書いている。

 *『この後、高皇産霊尊は更に諸神を会して、

   葦原中国に派遺する者を選ぶ。

   …経津(これは賦都と発音せよ)三神がよかろう。
 
  …甕速日神、その子・熯速日神ー」*

 これをよく見ると、

 高皇産霊は

 高・コウ。皇・ク。産・ウ。霊・リ=高句麗。と読め、

 速日はソカ=蘇我と読める。

 そして蘇我は助詞ナを省略した当て字で、

 本来は蘇奴我(ソナカ)=息長(ソナカ)・足中(ソナカ)

 同じ発音のソナカに対する

 当て字だったことは、もうよく御存知のことである。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿