2012年3月27日火曜日

繰り返し起った「大国主国譲り」の実態



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録26:31頁

 《繰り返し起った「大国主国譲り」の実態
 《繰り返し起った「大国主国譲り」の実態

 しかしより精密にイザナギ、スサノオ親子を、

 リストにして実在者たちと比定してみると、

 親子が逆転することが明瞭に浮かび上がる。

 伊声耆(イサナギ)を卑弥呼(アマテラス)の父とすると、

 とても中国までは行けないし、

 ②のように名乗りが親子に分裂してみえる。

 また誉津別はスサノオと同じく泣きイサチって垂仁天皇を困らせる。

 同じ名をもつ応神天皇は、女王制でなく男王制を開く。

 これは大虵を退治たスサノオに一致する。

 「名乗りの世襲」は動かない。

 また「大国主国譲り」は単一の事件ではなく、

 繰り返し起ったことを証言しているのである。

   イサナギ  天照大神     スサノオ

 ① 伊声耆   卑弥呼      伊支馬

 ② 伊佐智   倭迹迹日百襲姫  伊久米 垂仁天皇の名乗りは親子が重なっている。

 ③ 印色入日子 倭迹迹日百襲姫  稚武彦

 ④ 伊佐智   壹與(養女)   誉津別(実子)

 この④は、

 天照大神とスサノオが、別の母から生まれたことを、明確に示している。

 誉津別の母は狭穂姫で火中で死んだ。

 火神に殺されたイザナミである。

 その後で目鼻から生まれた3貴子は、この壹與たちを意味する比喩である。

 決して幼稚なお伽話ではない。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿