2012年3月23日金曜日

八咫烏まで登場する歴山大王東征


『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録26:27頁

八咫烏まで登場する歴山大王東征
八咫烏まで登場する歴山大王東征

こう解ると、「神武東征」も、複数の史実と一致していて、やはり同じ機能をもっている。

それはアレクサンドロスの東征にまで合い、どちらもミケヌから出発したことになっている。

大王は若死にした点がちがうが、

ペルシャ皇帝から、インドのマカダ王に至るま、

次々に長髄彦たちを破って、即位してその皇位につき君臨した。

大王は、ペルシャ皇帝を攻めるために、

はるばる南へ迂回してエジプトのシバの神殿に参詣して勝利を祈ったが、

その途中で大砂嵐に遭い、全滅の危機にさらされた時、

一羽のカラスが現われて道案内したので危機を脱した。

神武天皇が南へ迂回して熊野に詣で、

八咫烏の案内に救われた話まで一致しているのである。

この一致は、畏友・岡本健一教授らの研究によって、

まだまだ大量の共通点が見つかっている。

古代の我が国にギリシャ文化が花咲いたことは、

どこから見ても疑いようのない事実なのである。

もちろんそれを、文化だけを誰かがもってきた借用文化で、

もってきたのはギリシャ人とは限らないという考え方もなくはない。

「画」八咫烏

『参考』
『言語復原史学会:Web』
『言語復原史学会:画像』 

『My ブログ』
古代メソポタミア
歴史徒然
ウワイト(倭人):大学講義録
ウワイト(倭人)大学院講義録 
オリエント歴史回廊(遷都)
古代史つれづれ 
古代史の画像
ネット歴史塾
古代史ブログ講座
ネット歴史塾
ひねもす徒然なるままに    
「終日歴史徒然雑記」
「古代史キーワード検索」         

『検索』
GoogleWeb検索
Google画像検索
YahooWeb検索
Yahoo画像検索
翻訳と辞書
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

《参考》
古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
最新の考古学的発掘の方法
存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿