2012年1月1日日曜日

国生みは「新しい領土を生み出した」という『寓話』

ウワイト(倭人)大学講義録

『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録24:3頁

国生みは「新しい領土を生み出した」という『寓話』
国生みは「新しい領土を生み出した」という『寓話』

大学院講義録23で、在来、『日本神話』と呼ばれてきたものは、

全て『寓話』だったことが定義できた。

淡路島を舞台にした「国生み」が

履中天皇夫妻の史実の寓話化だということも、

また疑いなくご理解戴いたと信じている。

しかしそれで、この間題は終ったわけではない。

さらにもっと深く、細部まで許しくわかり、定義できることをお話ししよう。

不思議というか、23号執筆中(2004年7月)に、

淡路島の南淡町で10万年前の恐竜の下顎骨などが発見された。

淡路島は少なくとも10万年以前には、

陸棲の恐竜が住む「陸地」だったことが証明されたのである。

私たちは建国紀元がB.C.E.660年だと定義したのだから、

その時の天皇が初代だとしても、

その数世代前の伊弊諾・伊弉冉の2尊は、

とても10万年前の実在者ではない。

矛で海を掻き回して島々を作ったという「国生み」は、

淡路島などを「製造」した話ではなく「新しい領土を生み出した」という

『寓話』だと理解できなければ日本の正史は、

始めから見え透いたウソのかたまりになる。

「『寓話』だ」という私たちの定義の正しさを、

本当の神が恐竜の骨で解りやすく立証してれたのだと思うほかない。

『My ブログ』
ウワイト(倭人)大学講義録
ウワイト(倭人)大学講義録
古代史ブログ講座
歴史徒然 ウワイト(倭人)大学講義録
ネット歴史塾
ウワイト(倭人)ウバイド        
オリエント歴史回廊(遷都)    
古代史の画像 
歴史学講座『創世』うらわ塾
「終日歴史徒然雑記」
「古代史キーワード検索」 
ひねもす徒然なるままに        

小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
メソポタミア世界
シュメル-人類最古の文明 
The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

『検索』
GoogleWeb検索
Google画像検索
YahooWeb検索
Yahoo画像検索
翻訳と辞書
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
コメントを投稿