2012年1月29日日曜日

反政府文書『古事記』のスポンサーは200氏族



『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録24:31頁
 反政府文書『古事記』のスポンサーは200氏族


では誰が?、

いつ?、『古事記』を編集したか?が、

その記事でわかるのであろうか?。

残るページで『古事記』の記事全部を検討するわけにはいかないから、

それに匹敵する証拠をご先にいれて、この間いにお答えすることにしよう。

『古事記』には200以上の氏族の出自や由緒が書いてある。

そこに書かれた人々は一応名門だということになる。

いまからみれば人権無視の蛮行だが、

名も無き百姓にはヨダレの出るような境遇だとされていた当時の社会では、

実利の面からいえばそこに掲載されていることが非常に有利であったことは間違いない。

正○位、従○位まで行かなくても、

舎人ぐらいでも肩で風を切っていた時代である。

『古事記』が勅撰になる『正史』かどうかで、

その風の切れ方が違ったことは想像に難くない。

こういう視点からみると

『古事記』は後の『新撰姓氏録』の走りである。

勅撰文書ではない。

だれが書いたか?それは200氏族の敵ではない。

それを手馴づけようとした舎人親王か、

200氏族をスポンサーにした紳士録屋かのいずれかである。

もっとも『日本書紀』も氏族を紹介はしているが、

その数は100氏にも満たない。

舎人親王が『紀』を奏上したあと、

新たなスポンサーの要求に答えて誰かに編集させた可能性が強い。

ところがその誰かが親王以上に反体制思想家だったのである。

『My ブログ』
ウワイト(倭人)大学講義録
古代史ブログ講座
歴史徒然
ネット歴史塾
ウワイト(倭人)ウバイド        
オリエント歴史回廊(遷都)    
古代史の画像 
歴史学講座『創世』うらわ塾
「終日歴史徒然雑記」
「古代史キーワード検索」         
ひねもす徒然なるままに  
小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
メソポタミア世界
シュメル-人類最古の文明 
The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

『検索』
GoogleWeb検索
Google画像検索
YahooWeb検索
Yahoo画像検索
翻訳と辞書
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
ひねもす徒然なるままに
コメントを投稿