2012年1月15日日曜日

『書紀』編纂史の生き証人『元嘉暦』と『儀鳳暦』



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録24:17頁

 『書紀』編纂史の生き証人『元嘉暦』と『儀鳳暦』
 『書紀』編纂史の生き証人『元嘉暦』と『儀鳳暦』

 御柱寓話のある『神代』巻には年代は使っていないが、

 それに続く『神武天皇紀』からは、

 紀元前年だと明確にわかる年の、

 「その年の冬十月丁未の朔辛酉の日に」と、

 東征出発の日から書き始めて、

 以後ずっと年月が記載してある。

 これが『儀鳳暦』である。

 『元嘉暦』は、

 持統天皇4年12月から使われて、

 持統天皇がその11年8月に

 文武天皇に譲位した時まで7年間使われた。

 『日本書紀』の記事の『元嘉暦』の部分は、

 この7年の間に年月や干支や日付が書き加えられたと、明確に定義できる。

 もう一度いうと『儀鳳暦』は、

 『元嘉暦』の廃止に伴って、文武元年以後に使われた暦である。

 舎人親王が編集した部分は皆、『儀鳳暦』で書かれているから、

 文武元年以後に書き加えられたことは動かない。

 なぜなら、それ以前からその記事がはいっていたのなら、

 全て『元嘉暦』の日付が入れられているはずなのに、

 その時は使われていなかった『儀鳳暦』の日付が入っているからである。

 しかし

 「『儀鳳暦』は天武天皇5年に我が国に伝わっているから、

  それを使って書いた部分があったのだ」という人がいれば、

 それは余りにも非常識な間違いである。

 国家の根幹をなす「邦家の経緯」である修史は万事厳格に規定されている。

 舎人親王の『儀鳳暦』使用も、

 それに従って、その時の正暦を使用した結果なのだ。

 『My ブログ』
 ウワイト(倭人)大学講義録
 古代史ブログ講座
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 ひねもす徒然なるままに  
 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
 ひねもす徒然なるままに
コメントを投稿