2012年1月2日月曜日

やむなく寓話化が行なわれた事情

ウワイト(倭人)大学講義録

『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録24:4頁

やむなく寓話化が行なわれた事情
やむなく寓話化が行なわれた事情

寓話というのは、おとぎ話と同じで、

教育用に考案された「作り話=フィクション」だ。

しかし『記・紀』に見るそれらは、史実の裏付けがある。

だから『日本書紀』編集者たちはそれを歴史書として天皇に

提出して恥ずかしいとは思わなかった。

というよりは、それまでの祖国・倭がなくなって日本国になったために、

支配者の激変で感情の高ぶっている、もと敵国民だった人たちからみれば、

「国生み」は「国失い」なのだから、

その感情を刺激して内乱でも起こさせては大変である。

そのまま書くわけには行かなかったのは当然である。

しかし現実には、勝者である自分たちには、

それこそ最も重要な栄光の歴史なのである。

本来ならそれこそ特筆大書したい「国の初め」である。

だからそれは、ありのままには書けないにしても、

冒頭に何らかの形で書いて置かねばならない、

掛け替えのない絶対的な貴重な史実である。

こうした編集者の心情が理解できると、

寓話化する以外には書き残す方法がなかった事情と感情が、

よく理解できるのである。

それは過去の世界の史学者が一様に

「幼稚な世界創造の神話」だと定義していたことが、

どんなに間違っていたかもまた、

はっきり判定できる問題だったのである。

『日本書紀』の編集者は、神話なんか書くつもりはなかった。

仕方なく次善の策に従っただけなのだ。

『My ブログ』
ウワイト(倭人)大学講義録
古代史ブログ講座
歴史徒然
ネット歴史塾
ウワイト(倭人)ウバイド        
オリエント歴史回廊(遷都)    
古代史の画像 
歴史学講座『創世』うらわ塾
「終日歴史徒然雑記」
「古代史キーワード検索」         
ひねもす徒然なるままに  
小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
メソポタミア世界
シュメル-人類最古の文明 
The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

『検索』
GoogleWeb検索
Google画像検索
YahooWeb検索
Yahoo画像検索
翻訳と辞書
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕 
ひねもす徒然なるままに
コメントを投稿