2012年1月5日木曜日

私たちより真相を知らなかった『古事記』編集者

ウワイト(倭人)大学講義録

『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録24:7頁

私たちより真相を知らなかった『古事記』編集者
私たちより真相を知らなかった『古事記』編集者

これを、より具体的に立証すると、天はテンで沖縄発音「チヌ」、

古い沖縄発音では津名と書いても「チヌ」と読む。

しかし津名=ツナやほうが語源で、パーリ語で「柱」のこと。

前々ページの

「柱(割り注・柱、これを美簸旨邏(ミヒシラ)という)」は振りガナがおかしいが、

柱をミハシラと読めということで、

今の津名郡や津名町という地名は「天=津名」「御柱=津名」という、

徹底した証拠をもっている世にも希な、貴重な国宝的文化財なのである。

そして御存知の通り、

磤馭盧島もパーリ語インダ・キラの鹿児島訛りインギーラに対する当て字で、

インダは「帝・みかど」、キラは「柱」=帝柱=天の御柱の島ということ。

柱は支えるもの、その国を支える柱石である皇帝たちが住む所を意味している。

だから磤馭盧島は「己凝ろ島」なんかではない。

それは『古事記』作者が犯した、最低の誤訳だとわかる。

これもはっきり定義できて、絶対に変わることはないが、

これまでお話ししてきたこともまた、

全て真実として『定義』できるのである。

だから磤馭盧島は津名であり淡路島そのものである。

決して塩水が固まった程度の行方不明の小島なんかではない。

それを読者に誤解させるようにしか書けなかった

『古事記』編集者は、

私たちよりずっと真相を知らなかったことが、はっきりわかる。

『My ブログ』
ウワイト(倭人)大学講義録
古代史ブログ講座
歴史徒然
ネット歴史塾
ウワイト(倭人)ウバイド        
オリエント歴史回廊(遷都)    
古代史の画像 
歴史学講座『創世』うらわ塾
「終日歴史徒然雑記」
「古代史キーワード検索」         
ひねもす徒然なるままに  
小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
メソポタミア世界
シュメル-人類最古の文明 
The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

『検索』
GoogleWeb検索
Google画像検索
YahooWeb検索
Yahoo画像検索
翻訳と辞書
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕 
ひねもす徒然なるままに
コメントを投稿