2012年1月16日月曜日

定義 舎人親王が加上した『儀鳳暦』部分



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録24:18頁

 定義 舎人親王が加上した『儀鳳暦』部分
 定義 舎人親王が加上した『儀鳳暦』部分

 舎人親王は正式に、養老4年5月に『紀』30巻、系図1巻を奏上した。

 彼が後から書き加えた「加上」部分は、

 国家の決めた正規の暦の現行『儀鳳暦』が当然のこととして使われ、

 仮に他の暦が混入していても、

 それらは全部、奏上時までに訂正されたのである。

 川島皇子は天武天皇10年に帝紀と上古諸事を記定せよと命ぜられて、

 持統天皇5年9月に亡くなった。

 記録にはないが、舎人親王の『紀』30巻、系図1巻は、

 それを引き継いだものだとされているが、

 『日本書紀』の内容が膨大なことを考え、

 またそれに類する別のものが提出されていないのをみると、

 この推定が正しいと考える以外にない。

 しかし親王が引き継いだのは、『元嘉暦』部分だけで、

 『儀鳳暦』部分は文武天皇以後に、

 舎人親王が新たに書き加えたものである。

 それは当時の政情と親王たちの地位とを考えると、

 他の名もなき人物が、

 この引き継ぎに介在する余地がないことは明白で、

 これも他に代案を考えようがない。

 史実である。

 これで『日本書紀』の加上部分は全て舎人親王とそのブレーンの創作加筆だと確定した。

 すると同じ「天の御柱」寓話を、

 同じ順序で掲載している『古事記』が、

 養老4年以前には存在するはずがないことになる。

 『古事記』序文は、大ウソだったのであろうか?。

 『My ブログ』
 ウワイト(倭人)大学講義録
 古代史ブログ講座
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 ひねもす徒然なるままに  
 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
 ひねもす徒然なるままに
コメントを投稿