2011年11月21日月曜日

『記・紀』は建国の真相を記録保存している史料


 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録22:23頁

 《『記・紀』は建国の真相を記録保存している史料
 《『記・紀』は建国の真相を記録保存している史料

 これでお解りのように、『記・紀』を、

 太古から統一された日本の『正史』だと思いこんでいると、

 同一人物をバラバラにして、

 神代から、はるか後世まで『史実』らしく配置して編集し、

 立派な歴史書らしく体裁を整えた、とんでもないインチキ国史に見える。

 しかし、

 別人に見えるほど異なる名や内容も、

 それを記録した人の国籍や立場によって、

 呼び名が変わり、発音が変わり、評価が変わって、

 別物のようになることがわかると、

 この事件の主人公ソナカは。

 彼の味方からみれば国家の始祖であり、

 犠牲になった靖国の神だが、

 その敵からみれば裏切り者であり、

 非業の死を遂げたのは当然だということになる。

 だから身内から見れば彼を殺した敵は熊襲という蛮人であり、

 逆に殺した方からみれば、

 その殺害者は熊襲どころか、

 専敬すべき神々の皇帝、高皇産霊の尊だということになる。

 こうしたことを、双方が思いのままに記録したものを、

 『記・紀』の編集者は、

 そのまま手を加えずに、

 別の時代の別の事件として配置したのである。

 こうわかると、

 『記・紀』は

 従来は思いっきもしなかった建国期の真相を、

 しっかり記録保存した「文献」として、

 実に貴重な文化財だったことがわかる。

 『記・紀』は在来の『歴史書』観では、

 肝心の時代さえ混乱した悪史書だが、

 『史料』という視点でみれば、史実記録の一大宝庫だったのである。


 『My ブログ』
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 
 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
コメントを投稿