2011年11月4日金曜日

記事本体の比較検討以外、「文献批判」はできない


 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録22:5頁

 《記事本体の比較検討以外、「文献批判」はできない


 いうまでもなく本当の筆者は個々の史実の記録者たちなのである。

 彼等は後世の編集者とは時間的に無縁である。

 編集者たちは、その誰が残したとも知れない記録だけを取り集めて、

 それを適当と思う位置に配置しただけなのである。

 なぜそう断定できるか。

 それは明らかに編集者の編集間違いだとわかるものが、

 多数、動かぬ証拠として残っているからである。

 それを提示するのは難しくはない。

 『記・紀』にはそんなものが充満している。

 明らかに同一事件の記録だとわかるものが、

 全然、別の事件の記録の顔をして重複している。

 それらを見つけ出して比較すれば、

 異同が明らかになって真実が見える。

 そして同一事件だと断定できた時、

 そこに後で付け加えられたフィクションなどで、

 編纂者の思惑や意図や思想などが正確に判定できる。

 このとき始めて、誤りない編纂者批判が成立する。

 この肝心の「記事本体の比較検討」を行なわずに、

 ただ漠然と編纂者らの心理を憶測しただけでは文献の全体像は見えないから、

 「『日本書紀』とは、こんな文献だ」などと

 、断定することはできない。

 この点が抜けた過去の論議は、

 残念ながら白紙に戻ってしまっている。

 しかし「記事本体の比較検討」で、

 果たしてどれくらいの結論がだせるものか?。

 膨大な『記・紀』の記事を改めて徹底検討するには、

 恐ろしい程の時間も必要である。


 『My ブログ』
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 
 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕 
コメントを投稿