2011年11月6日日曜日

『定義』に最適な卑弥呼関連記事


 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録22:8頁

 《『定義』に最適な卑弥呼関連記事
 『定義』に最適な卑弥呼関連記事

 今回の検証対照『記・紀』の場合は、あらゆる面から検討してみて、

 卑弥呼の関連記事を選ぶのがいいということになった、

 それは他の記事に比べて飛び抜けて異伝の数が多いこと、

 あなたがすでによく御存知の部分が多いこと、

 従って説明も容易で少なくて済む上に、結論も簡単で、

 しかも確実になること、だからご理解も早くて、

 よくご納得戴けるといった有利な要素が、

 他の記事に比べて、はるかに豊富だからである。

 こうした点をよく勘案した上で、

 すべての点で優れている卑弥呼の関連記事を、

 『記・紀』の実態を証明する証拠に選んだ。
 
 それが、何を?、どんな風に?、どれくらい?、

 よく判るように立証するか?、よくご覧いただきたい。

 まず、『記・紀』には、どれくらい卑弥呼関係の異伝があるか?。

 それから見ていこう。

 その多くは本講でも繰り返し取り上げたし、

 他の加治木義博著でお読み戴いたものも多いと考えて、

 できるだけ簡単に要点だけ挙げると、

 卑弥呼は倭迩迩日百襲姫として『崇神天皇紀』に登場するから、

 その時代から始める。

 彼女は

 もともとソナカヒコ=足仲彦=仲哀天皇の皇后

 ソナカ・タイ・ヒメ=息長帯姫=神功皇后であり、

 天皇の死後、

 三韓征伐をした神功皇后として記録されていることは、

 もうよく御存知のことである。

 『My ブログ』
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 
 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕 
コメントを投稿