2011年11月20日日曜日

『記・紀』は日本の統一過程を記録した文化財


 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録22:22頁

 《『記・紀』は日本の統一過程を記録した文化財

 《『記・紀』は日本の統一過程を記録した文化財

 では、卑弥呼が倭迩迩日百襲姫として登場する

 『崇神天皇紀』なら、どうだろう?。

 これも百襲姫は崇神天皇の伯母で、すでに老婆になっている。

 彼女の亡夫・仲哀天皇は数十年前に死んでいるから、

 崇神天皇より数代まえの天皇である。

 ではなぜ?

 崇神天皇の時に蘇那曷叱智、別名・都怒我阿羅斯等が来たと書き、

 垂仁天皇のときに于斯岐阿利叱智干岐が来たと編集したのであろう?。

 まず、はっきり言えることは、

 『記・紀』の編集者たちは、

 それらの名前が、

 同一人のものだとは知らず、

 ましてやそれが仲哀天皇の記録だ、などとは思いもせず、

 考えて見ることもしなかったという事実である。

 だからこそ、

 何のこだわりもなしに、

 一人のソナカの記事をばらばらにしてしまったのである。

 このことは、それぞれの呼び名が違うように記録者も別人で、

 ソナカに対する見方もまた異なっていた証拠である。

 だから或る人たちは彼を始祖と考えて「神代」の存在とし、

 他の人々は崇神天皇の時に渡来した人物とした。

 さらにその出身国も様々な国名になった。

 『記・紀』とは、

 こうした

 「様々な人々の国々が、次第に結合して倭国と日本国になった後、

  さらに日本1国に統一された痕跡をそのまま残す『歴史文化財』だ」

 というのが結論である。

 『My ブログ』
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 
 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
コメントを投稿