2011年11月17日木曜日

『記・紀』は非常に高度な『史実記録集』


 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録22:18頁

 《『記・紀』は非常に高度な『史実記録集』
 《『記・紀』は非常に高度な『史実記録集』

 こうした一連の名詞の裏には、

 アレクサンドロスの歴史に対する深い知識と尊敬があり、

 その功業を慕って子供に命名した知性があり、

 またそれを王名として受け容れるだけの政治文化があった。

 さらにそれを発展させて牛頭天王だとしたのは、

 この神を守護陣とする仏教信仰が、

 かなりの高さまで理解され、

 定着していた事実を記録し表現しているのである。

 これで『記・紀』の記事は、従来いわれてきたような、

 文明世界から遠く孤立した世界の片隅の小列島に住む、

 未開な原住民が、

 おぞましい空想や思いっきを並べ立てたいい加減な神話やお伽話などではなく、

 高度の世界史の知識に裏打ちされた、

 非常に優れた『史実記録』だった、

 ということが、ほとんど疑いの余地を残さない程に、明確に理解できる。

 「『記・紀』とはどんな史書か?」という疑問には、

 これで半(なか)ば確実な答がでたと言っていい。

 『記・紀』は、

 私たちが想像していた以上に、良質の真実を、

 それも予想以上に高度な文明によちて熟成された史実を、

 ありのままに記録していたのである。

 だが喜んでばかりはいられない。

 それは同時に、以上見てきた事実が動かぬ証拠になって、

 「史書として許されない弱点」をもつこともまた、

 白日のもとに暴露しているからである。

 その欠陥も明確にして、

 『記・紀』とは何か?という結論を求めてみよう。


 『My ブログ』
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 
 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
コメントを投稿