2011年11月18日金曜日

「神代の天稚彦」記事は明らかに編集ミス


 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録22:20頁

 《「神代の天稚彦」記事は明らかに編集ミス
 《「神代の天稚彦」記事は明らかに編集ミス

 それは「神代」に始まって、4世紀の『応神天皇記』にまで広がっている。

 しかしいくら天皇が長命だからといって、数百年も生きるはずはない。

 これは明らかに『記・紀』の編集が間違っている証拠なのである。

 それなのに、在来の学説はすべて、

 それが『記・紀』の

 『天孫降臨』の中に入っているというので『神話』だとして済ましていた。

 名前の此較検討も、内容の分析も、まるでせずに、

 ただ『記・紀』を頭から信じて、

 あるいは、頭ごなしに罵倒したり無視したりして、立場は違っているが、

 『神話』だと決めて議論していたことには、変わりはない。

 だが私たちはすでに、徹底した分析と再構成を終って、今、

 大学院講義録22でごく簡単に再検討しただけで、

 充分全貌を理解することができる。

 だから、この簡単なリストが大きな機能を発揮する。

 それを一見すれば『記・紀』のダメな部分が、はっきり見えるからである。

 それは先ず『記・紀』が、

 この天稚彦・天若日子の記事を「神代」の事件だとしているのは無茶だと教えている。

 天稚彦の妻は卑弥呼なのだから、彼女がどんなに長寿だったにせよ、

 2世紀から3世紀の人である。

 それが紀元前660年の皇紀よりも、はるか昔だとする「神代」の事件として編集してある。

 この編集が間違っていることは動かない。

 『My ブログ』
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 
 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
コメントを投稿