2011年11月10日木曜日

天稚彦は天日矛と同じ名で当て字が違うだけ


 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録22:12頁

 《天稚彦は天日矛と同じ名で当て字が違うだけ
 《天稚彦は天日矛と同じ名で当て字が違うだけ

 ⑦ だとすると、これには、まだバリエーションがある。

   『天稚彦物語』である。

   天椎彦は『日本書紀』の「神代の下の一」によると、<瓊瓊杵>(ニニギ)の命を

   <葦原中国>の主とするために、<高天原>から先発隊として派遣されたが、

   中国の顕国玉の娘・<下照姫>(別名=高姫・稚国玉)と結婚して任務を放棄してしまう。

   そこで<高皇産霊の尊>が様子を見に無名雉を派遣すると、天推彦は矢で射殺してしまう。

   その矢は<高皇産霊の尊>のところまで飛んでいったので、尊が投げ返すと、

   それは稚彦の胸に命中して死ぬ。

   <下照姫>たちが泣いていると、

   中国で知り合った稚彦の親友・味耜高彦根(アジスキタカヒコネ)の神が弔問にくる。

   それが稚彦そっくりに見えたので、姫たちが「稚彦が生き返った!」と騒ぐ。

   味耜高彦根はそれを「亡者扱いした」と怒って、

   喪のために建てた小屋を「大葉刈」という太刀で切り倒す。

   小屋は落ちて山になる。

   それが美濃の国の喪山なのだ。

   という話である。

   この話の共通点は、まず名である。

   天日矛の「日」には、<ヒ>と<シ>の発音があったが、「稚」を<チ>と読むと、
   <シ>・<ジ>の大隅・沖縄発音になる。

   私の姓の<加治木>も、地元では<カチキ>・<カチツ>と発音する。

   <矛>は<日>を<ホ>とよむから<日子>を<ホコ>と 読んだものに、

   <矛>や<槍>を当て字しただけである。

   だから稚彦は絶対に<ワカヒコ>ではなく、

   <チヒコ>、<シホコ>が語根なのである。


 『My ブログ』
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 
 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕 
コメントを投稿