2011年4月30日土曜日

古代天皇たちは高句麗を領有していたか?

 『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録18:5頁
 言語復原史学会
 言語復原史学会

 これで、高麓だけでなく高句麓までもが、なぜ?コマと呼ばれていたかが完全にわかった。

 その語源が「子」すなわち「干支のネ」だったこともわかった。

 だから天皇たちの名乗りの「根子」は、そのネの発音と、

 干支の名詞「子」とを組み合わせたものと見ていい。

 するとそれは高句麗の支配者を意味するから、

 その名乗りをもった天皇たちで、

 この考えが正しいかどうか?確認することができる。

 大日本根子彦太瓊=孝霊天皇。卑弥呼=倭迩迩日百襲姫たちの父。

 大日はタカで「高族」、大国で「ウマ=午」、日は日向だから、

 カリエン以来の南海の支配地=琉球・奄美・南九州を意味し、

 本は、それ以北の本つ国=九州と朝鮮半島と見ると、

 根子はやはり最北の子=ネの位置にある高句麓を意味する名乗りになっている。

 位宮は卑弥呼の弟・稚武彦で、天照大神とスサノオに当たり、

 兄の高句麓王の死後、山上王として高句麗に行った。

 その父が高句麓を領していたことは疑いない。

 大日本根子彦国牽=孝元天皇。

 この天皇が、その位宮の兄であるから、高句麗も領土だったことは説明の必要もない。

 むしろ必要なのは、その高句麗領有は高霊天皇からか?、

 それ以前からか?という疑問への答である。

 高霊天皇の父はどうなっていたのか?。

 『ウバイド』
 GoogleWeb検索
 YahooWeb検索
 Google画像検索
 Yahoo画像検索

 『参考』
ネット歴史塾
歴史学講座『創世』うらわ塾
翻訳と辞書 [無料]
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
『メソポタミア世界』
シュメル-人類最古の文明
歴史徒然
歴史回廊  
ウワイト
古代史の画像

GoogleWeb検索
Google画像検索
YahooWeb検索
Yahoo画像検索
コメントを投稿