2011年4月7日木曜日

卑弥呼の初期と敗戦後の五彩圏

『ウバイド』
GoogleWeb検索
YahooWeb検索
Google画像検索
Yahoo画像検索

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録17:13頁


それ以前の五彩圏を探してみると、次のような小さいものが実在している。

      A  栗野       
        (姶良郡)       
         ↑       
開聞 ← 姫木→  大隈  
(揖宿郡) (姶良郡) (姶良郡) 
         ↓       
         赤水         
        (桜島)        


 B          球磨
           (熊本県)
                 ↑
不知火 ← 霧島 →  青島
  (川辺郡) (姶良郡) (宮崎県)
                ↓
           有明  
             (曽於郡)


Aは卑弥呼の若い頃の範囲。

Bは卑弥呼政権が敗れて

東へ都を移した当時の範囲とみると合理性がある。

では彼女の最盛期には、どうなっていたか?。

それは勿論、彼女の出身地である南海からに至る、

九州と朝鮮半島の全域を包括するものでなければならない。

『参考』

翻訳と辞書 [無料]
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
『メソポタミア世界』
シュメル-人類最古の文明
歴史徒然
歴史学講座『創世』うらわ塾
歴史回廊  
ウワイト
古代史の画像


GoogleWeb検索
Google画像検索
YahooWeb検索
Yahoo画像検索
コメントを投稿