2010年11月15日月曜日

必ず日本人を減ぼす、魔の「皇国史観」

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録13:3頁

最近、私たち日本人は、

在来の「皇国史観」を持っていては、間もなく必ず滅ぶ。

という話題が出た。なぜか?…。

それは私たちを取り巻く現在の世界の環境が、

その「皇国史観」が考案された明治の国際環境と、

「完全に正反対」になっているからである、という。

明治政府が必要としたのは、

それまで60余州の独立国に分裂していた日本列島を完全に統一し、

内紛のない国にして全国民を団結させ、

一丸となった強力な軍事力をっくることで、

欧米の侵略政策に対抗して国土を守り、

日本人による支配政権を維持することであった。

「皇国史観」とは、この緊急の大問題に必要な

「国民を説得する基礎教育」の中核として考案された

「日本は神州であり、天皇はその神の直系の御子孫なのだ。

その天皇が親政する完全な単一民族国家で、

他国の速く及ばない無比の国体をもっているから、

国民はこの皇国を一丸となって守れ」

と教育するために考案した「明治の軍事用建国史」だった。

この

「日本は他に類のない神聖な国、世界に誇る神国なのだ。

それを欧米は物力にものをいわせて属国にしようとしている。

野蛮な欧米の侵略を許すことはできない」

という教育を受けた国民は、

欧米諸国を敵視し、他国民を見下だし、

軍部の言うままにあやつられ、

ついには全世界を故に太平洋戦争を起こして惨敗して、

大日本帝国を滅ぼしてしまったのである。

『参考』

翻訳と辞書 [無料]
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
『メソポタミア世界』
シュメル-人類最古の文明
歴史徒然
歴史回廊  
ウワイト
コメントを投稿