2010年11月4日木曜日

スサノオの命の系譜

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録12:17・18頁

「復原推理の手ほどき(1)」

オホクニヌシ┐
┌ヒルコ           ├「 」
イザナギ―┐├アハシマ   ┌タキリヒメ─┘
├┼オオヒルメ─┬┼タキツヒメ
イザナミ─┘├ツキヨミ  │└イチキシマヒメ
└スサノオ──┘
(スサノオ)┐
オホヤマツミ┬アシナヅチ─クシナダヒメ┴──ヤシマジヌミ──┐  
│       (スサノオ)─┐         │
│             ├─オホトシ    │
├──────カムオホチヒメ┴─ウカノミタマ  ├( )
├コノハナサクヤヒメ┐             │
│ニニギノミコト──┘             │
└───────────────コノハナチルヒメ┘
オホクニヌシ┐
├「アヂスキタカネヒコネ」
タキリヒメ─┘
ヤシマジヌミ──┐            アメノツドヘチネ───┐
├(フハノモヂクヌスヌ)─┐           ├
コノハナチルヒメ┘           ├フカフチノミズヤレハナ┘
オカミ─ヒカハヒメ┘

6代あとの大国主と、タキリヒメが結婚したことになっている。

見やすいようにカナ書きとし、尊称は省略する。

よみ方は仮りのもので、原典をあとで引用して補なう。」

『異説・日本古代国家』20神話と歴史のつなぐ人物


「復原推理の手ほどき(2)」

ヤシマジヌミ──┐            アメノツドヘチネ───┐
├(フハノモヂクヌスヌ)─┐           ├
コノハナチルヒメ┘           ├フカフチノミズヤレハナ┘
オカミ─ヒカハヒメ┘
アメノツドヘチネ───┐
├オミズヌ┐
フカフチノミズヤレハナ┘    ├アメノフユギヌ─┐
フテミミ┘        ├オホクニヌシ┐
サシクニオホ─サシクニワカヒメ┘      ├
カムヤタヒメ┘
オホクニヌシ┐
├ヤヘコトシロヌシ
カムヤタヒメ┘
オホクニヌシ┐
├┬アヂスキタカネヒコネ
スサノオ─タキリヒメ─┘└タカヒメ

オホクニヌシ┐
ヤシマムヂ─トリトリ┴トリナルミ─クニオシトミ

どんな考え方をしても、6代も前のおバアさんと結婚することはありえない。

これはあれこれ考えるより、系譜に間違いがあると考えるほかない。

(注)よみは武田祐吉著「古事記」(角川文庫)による。

『異説・日本古代国家』20神話と歴史のつなぐ人物

『参考』

翻訳と辞書 [無料]
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
『メソポタミア世界』
シュメル-人類最古の文明
歴史徒然
歴史回廊  
ウワイト
コメントを投稿