2010年11月13日土曜日

大国主と応神両系譜の后妃皇子女はどう合うか?

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録12:31頁

前ページの系譜比較を見ると、后妃の数が似ているだけでなく、

前にもお話ししたように、

タキリヒメやヤカハエヒメという名の一致がすぐ眼につく。

だから本来は一つだったものが、2つの系譜に見えている可能性がある。

それを確かめる手法と、その結果はどうなるかを、お目にかけて、

最後に残った応神天皇問題の最大の謎を、ここで一掃してしまおう。

1 多紀理毘売=高木入日売=葛城野伊呂売であることは、もう解決済みである。

これはその子阿遅鋤=宇遅和紀=宇遅若は、

阿はオで沖縄でウだからウジスキとウジワキ、

ウジジャク、訛る可能性は高い。以下、同様の説明は省略する。

高日子根と中日子命とはダカとナカ、ネとメで鼻濁音による分裂。

迦毛大神=大川守(オカモ)=大山守とセンの発音が川と山に変わったもの。

高比売=高ヒ目。下光=木荒田で下(クダ)と木は大隅語で木はク、光と荒はコウ。

2 事代主=未菟野はコトノ代主。

3 鳥耳=弟日売は大隅語トイミとオトイミ。

鳥鳴海=三野郎女は大隅語トイナイミノとミノ。阿部=天(アメ)。

天日腹=阿貝知三原は阿目知原(アメシハラ)。

4 日名照額田毘道男伊許知邇=額田大中日子 伊許知邇=伊奢真(イゴチン)、

奢はオゴルのゴ。

5 葦那陀迦=袁那娩辨郎女は葦と袁の読み違いと、

陀迦と辨は、「万」の字だとタカとバンの2音をもつため。

速甕之多気=速總別、甕は襲の字の誤写、ハヤ・ソが元の名乗りだ。

『参考』

翻訳と辞書 [無料]
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
『メソポタミア世界』
シュメル-人類最古の文明
歴史徒然
歴史回廊  
ウワイト
コメントを投稿