2010年11月12日金曜日

大国主と応神天皇の系譜比較

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録12:29・30頁

大国主の系譜             応神天皇の系譜

     妻        子             妻       子

1 多紀理毘売      阿遅鉏高日子根   高木入日売命    額田大中日子命
(迦毛大御神)              大山守命
 高比売                  伊奢真若命
(下光比売)               大原郎女
  高目郎女
  木荒田郎女

2 神屋楯比売    事代主       中日売命      大雀命

3 鳥耳       鳥鳴海            弟日売命      阿部郎女
  阿貝知三原郎女

4 日名照額田毘道                      木菟野命
男伊許知邇    国忍富                 三野郎女


5  葦那陀迦    速甕之多気佐    宮主矢河枝比売命 宇遅和紀郎子
(八河江比売)  波夜遅奴美                   八田若郎女
       女鳥王
      
6  前玉比売    甕主日子      袁那辨郎女        宇遅若郎女


大国主の系譜            応神天皇の系譜

7 比那良志比売  多比理岐志麻流美  息長真若中比売   若沼毛二俣王

8 活玉前玉比売  美呂浪       糸井比売      速總別命

9 青沼馬沼押比売 布忍富鳥鳴海    日向泉長比売     大羽江王
小羽江王
  檣日若郎女

10 若盡女     天日腹大科度美   迦具漏比売      川原田郎女
玉郎女
忍坂大中比売
  登富志郎女
迦多遅王

11 遠津待根    遠津山岬多良斯   葛城野伊呂売   伊奢麻和迦王


ゴシックは相互に対応している部分

『参考』

翻訳と辞書 [無料]
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
『メソポタミア世界』
シュメル-人類最古の文明
歴史徒然
歴史回廊  
ウワイト
コメントを投稿