2014年9月29日月曜日

大物主神の奉祭氏族:登美族(12)

 浦和レッズレディース
 『Yahoo!天気・災害』
 Matのジオログ

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:761頁

 第十二章 大国神と大物主神

 大物主神の奉祭氏族:登美族(12)

  三嶋湟咋が讃良郡にいたとすると、

 勢夜陀多良比売もここにいたことになる。

 その痕跡を検討すると『古事記』や神社名にそれがあり、

 以下のような見解となる。

 『古事記』は

 「三嶋溝咋の女、勢夜陀多良比売、

  その容姿麗美しかりき、故、美和の大物主神、見感(みめ)でて、

  其の美人の大便為(くそま)れる時、丹塗矢に化りて、

  其の大便為れる溝より流れ下りて、

  其の美人の登富を突きき」と述べるが、

 大便をしている時に溝から流れ下って行く様子は

 まさに厠(川屋)の情景である。
 
 川の上に簡単な草屋を作り便所としていた

 日本の古い風習が描かれていると解釈できる。

《参考》

 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿、牛頭、空白の布幕、幕と婦人、マルタ十字紋等
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 
  

 牛頭を象った神社建築の棟飾部

 本生図と踊子像のある石柱

 Tell Arpachiyah (Iraq) 
 Tell Arpachiyah (Iraq)     
 ハラフ期の土器について
 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur
 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿
 牛頭を象った神社建築の棟飾部
 神社のルーツ
 鳥居のルーツ
コメントを投稿