2014年9月16日火曜日

櫛𤭖(瓦+镸)玉姫(7)

 浦和レッズレディース
 『Yahoo!天気・災害』
 Matのジオログ

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:742頁

 第十二章 大国神と大物主神

 櫛𤭖(瓦+镸)玉(くしみかたま)姫(7)

  『古事記』に「忌瓮(いわいべ)」と現れるものは、

 この𤭖玉と考える。

 『古事記』には2回現れる。

 第1は「孝霊天皇」に

 「大吉備津日子命と若健吉備津日子命とは、

  二柱相副ひて、針間の氷河の前に忌瓮を居ゑて、

  針間を道の口と為て吉備を言向け和したまひき」とあり、

 第2は「崇神天皇」の大毘古の東征に出たところで

 「丸邇坂に忌瓮を居ゑて、罷(まか)り往きき」とある。

 日本古典文学大系の註は「居忌瓮而」を注して

 「神を祭るに用いる清浄な瓮を地を掘って据えての意」とする。

《参考》

 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿、牛頭、空白の布幕、幕と婦人、マルタ十字紋等
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 
  

 牛頭を象った神社建築の棟飾部

 本生図と踊子像のある石柱

Tell Arpachiyah (Iraq)
 Tell Arpachiyah (Iraq)    
 ハラフ期の土器について
 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur
 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿
 牛頭を象った神社建築の棟飾部
 神社のルーツ
 鳥居のルーツ
コメントを投稿