2013年3月1日金曜日

『倭人』は倭人自身がつけた当て字



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録39:5頁

 《『倭人』は倭人自身がつけた当て字
 「『倭人』は倭人自身がつけた当て字


 『倭人(ウワイト)』民族名

 これは在来「倭(ワ)の人々」という意味で、

 中国人がつけた名称だと思い込み、

 その誤りに気付かずにいた。

 だがそれは、民族名ウバイドが訛った発音「ウワイト」に、

 倭人自身が当て字したものである。

 それは中国人なら「人」の字を「ト」とは読まないのに、

 それを「ト・ド」に当て字している事実が、

 当て字者が中国人ではなく倭人自身であることの、

 何よりの証拠だからである。

 また後漢の王充の『論衡』巻八「儒増篇」に、

 周に「倭人 鬯艸(チョウソウ)を貢す」という記事が収録されている。

 最初に当て字したのは周代より前の倭人で、

 以前にお話しした通り

 中国文字は「殷人=倭人」が作り始めたのだから、

 倭人が自分で当て字したことは疑いないし、

 後漢の班固(32~92)の『前漢書』巻28下 地理志「燕地」にも

 「楽浪海中倭人(ウワイト)有り」と記録されている。

 すべて3世紀の当て字ではない。

 ところがこれまでは、「倭人」という人種名は、

 魏の役人か『魏書』の編集者・陳寿らの中国人が付けたものだろう、

 といういい加減な想像でストップしていた。

 だが、それは周代以前に

 倭人(ウワイト)自身が当て字したものだったことは明確で、

 これは常識化する必要がある。

 ご覧のように『魏書倭人(ウワイト)章』は、

 本来、内容を明示した冒頭のタイトルである『倭人』さえ、

 まるで見当違いの読み方と解釈が一般化したままで停滞していたのである。


 《スメル(シュメール)文明

 「スメル(シュメール)文明
 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 スメル8千年
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 《参考》
 世界史年表・地図
 日本史年表・地図
 古代史年表・地図
 オリエント史年表・地図
 メソポタミア史年表・地図
 大シリア史年表・地図
 小アジア史年表・地図
 ペルシア史年表・地図
 イラン史年表・地図
 インド史年表・地図
 西アジア史年表・地図
 "南アジア史年表・地図
 中央アジア史年表・地図
 北アジア史年表・地図
 東南アジア史年表・地図
 東アジア史年表・地図
 中国史年表・地図
 朝鮮史年表・地図
 ヨーロッパ史年表・地図
 ギリシア史年表・地図
 エーゲ海史年表・地図
 エジプト史年表・地図
 北アフリカ史年表・地図
 考古学ニュース
 装飾古墳
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿