2013年3月4日月曜日

大和はヤマトでなく「ウワ」への当て字



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録39:8頁

 《大和はヤマトでなく「ウワ」への当て字
 「大和はヤマトでなく「ウワ」への当て字


 しかし奈良にはウワイはないがウワはある。

 それへの当て字が「ウワ=大和」だ。

 それは大坂市の上(ウエ)の宮が、

 本来は聖徳太子の宮跡地名だから

 「ウワのミヤ」と発音すべきものであることを考えると、

 大和をヤマトと読むようになったのは、

 倭国(ウワイト)が日本(ニップヌ)に変わった7世紀以後で、

 3世紀の発音ではない。

 ウワイトへの当て字は天武天皇の名乗り

 「大海人(ウハイト)=ウワイト」で、

 ヤマト=山人とは相容れない人たちの名である。

 ヤマトは邪馬人なのだから、

 邪馬(ジャマ)がヤマと発音されるように変わった

 唐代(7世紀)以後でないと存在しない名なのだ。

 しかし、その「大和」という当て字は、

 古く、倭人(ウワイト)が台湾に居た時代に

 大和人(ウワヒト)と書かれたものである。

 その大和が、後世、大和=タイワの国=タイワンと読み方が変わって、

 それの当て字が臺湾と書かれるようになったものが今、

 常用されているのである。

 これで、倭人が台湾経由で来たことも立証されたし、

 台湾が小琉球と呼ばれ沖縄が大琉球と呼ばれたのは、

 首都が台湾から沖縄に移ったためだ。

 と明確に理解でき、大きな謎がもう一つ解決した。

 この「大和(ウワ)」が国称に使われたのは

 元正女帝の小都(天理付近)名以後である。

 それもまた聖徳太子時代の「ウワ」への復帰だった。

 「ヤマト」とは元々、

 ウハヒト=上人=貴族と対比した

 「下層民=山人・隼人」という

 意味の蔑称として使われたものなのである。


 《スメル(シュメール)文明

 「スメル(シュメール)文明
 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 スメル8千年
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 《参考》
 世界史年表・地図
 日本史年表・地図
 古代史年表・地図
 オリエント史年表・地図
 メソポタミア史年表・地図
 大シリア史年表・地図
 小アジア史年表・地図
 ペルシア史年表・地図
 イラン史年表・地図
 インド史年表・地図
 西アジア史年表・地図
 "南アジア史年表・地図
 中央アジア史年表・地図
 北アジア史年表・地図
 東南アジア史年表・地図
 東アジア史年表・地図
 中国史年表・地図
 朝鮮史年表・地図
 ヨーロッパ史年表・地図
 ギリシア史年表・地図
 エーゲ海史年表・地図
 エジプト史年表・地図
 北アフリカ史年表・地図
 考古学ニュース
 装飾古墳
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿