2013年3月17日日曜日

『倭人章』にある証拠と大和説の誤因



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録39:21頁

 《『倭人章』にある証拠と大和説の誤因
 「『倭人章』にある証拠と大和説の誤因


 これでよくお解りになったと思うが、

 『倭人章』が書く「邪馬壹国」は、

 卑弥呼の死後、

 彼女の死によって壹與新女王が都した新政権の首都名で、

 卑弥呼時代も壹與時代も、

 国名は不変の「倭人=ウワイト」国だったのである。

 その証拠には『倭人章』は壹與時代になっても変化なく、

 「倭大夫」と、やはり倭を元のまま使っている。

 これは言うまでもなく「倭人国」の略である。

 だから仮に「邪馬臺国」が真実だったのなら、

 略称は「邪国大夫」とか「邪馬」大夫とか

 「臺国大夫」と書かれていなければならない。

 ところが大和説者はこのことにさえ気付かずに、

 『卑弥呼は百襲姫なのだから神武天皇の子孫である。

  神武天皇は3世紀より以前に奈良に遠征して、

  大和朝廷を樹立したのだから、

  百襲姫がいた土地は、当然、奈良以外にない。

  当時はそこはヤマトと呼ばれていたと思われるから、

  それを「邪馬壹」と書いている『倭人章』は間違っている。

  それは「壹」の字が、「臺」の字とよく似ているので写し損なったためだ。

  だから「邪馬壹国」は実在しないから。

  「邪馬臺国」が正しいのだ』

 と思い込み、

 それを頑固に主張したのである。

 だが彼等が不動の史実と思い込んだ神武東征は史実ではなく、

 似た史料を混ぜ合わせた偽史に過ぎないことが

 今では完全に確定している。

 大和説はすでに根底から崩壊していて認める余地はない。


 《スメル(シュメール)文明

 「スメル(シュメール)文明
 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 スメル8千年
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 《参考》
 世界史年表・地図
 日本史年表・地図
 古代史年表・地図
 オリエント史年表・地図
 メソポタミア史年表・地図
 大シリア史年表・地図
 小アジア史年表・地図
 ペルシア史年表・地図
 イラン史年表・地図
 インド史年表・地図
 西アジア史年表・地図
 "南アジア史年表・地図
 中央アジア史年表・地図
 北アジア史年表・地図
 東南アジア史年表・地図
 東アジア史年表・地図
 中国史年表・地図
 朝鮮史年表・地図
 ヨーロッパ史年表・地図
 ギリシア史年表・地図
 エーゲ海史年表・地図
 エジプト史年表・地図
 北アフリカ史年表・地図
 考古学ニュース
 装飾古墳
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿