2013年3月15日金曜日

卑弥呼死後の大乱と神功皇后と武内



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録39:19頁

 《卑弥呼死後の大乱と神功皇后と武内
 「卑弥呼死後の大乱と神功皇后と武内


 殺馬国は人口五万余戸、邪馬壹国に次ぐ大国である。

 卑弥呼の宗女=次期女王の所領として最も相応しい国である。

 そこが壹国(サツマ)と呼ばれ、

 後女が壹與=イエッジョー=壹女王と呼ばれていたのは当然で、

 13歳という年少だったために軽視されて男王が立ったが、

 伝統の女王制を守る人々の反対で大乱に陥り、

 千余の犠牲者を出した後、壹與奉戴者の勝利に終った。

 その先頭に立って、卑弥呼を継いだ男弟を倒したのは、

 狗奴国王の卑弥弓呼素だから、

 この名は漢魏音で「ヒミキウンゴソ=姫木王の御祖」という大隅語の呼び名である。

 卑弥呼時代には女王に属さずと書かれて対立していた人物が、

 少女王を立てて屋久島から乗り込んだ。

 これは神功皇后を助けて三韓征伐をした武内宿祢と同一人物だ。

 なぜなら武(タケ)は高の大隅方言=タケで

 高の漢魏音はコー、これは大隅発音でク。

 狗奴(クノ)国の狗は、この高だったのである。

 では内は何だったのか?

 狗奴王の奴は大隅発音「ナ」。

 王はマレー語で「イ」だから。

 狗奴王は「高(ク)ナイ」、

 この「ナイ」に「内」の字を当て字したものが「高内」なのである。

 だがこの内は「ウチ」とも発音されていた。

 それが官名の「狗右智(ウチ)卑拘]なのである。

 これで壹與が何故?神功皇后か?という疑問が解けたと思う。

 また狗奴王は高内(クナイ)か狗右智(クウチ)なのに、

 「タケノウチ」と教えた過去の歴史教育の低さも、よくお判り戴けたと思う。


 《スメル(シュメール)文明

 「スメル(シュメール)文明
 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 スメル8千年
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 《参考》
 世界史年表・地図
 日本史年表・地図
 古代史年表・地図
 オリエント史年表・地図
 メソポタミア史年表・地図
 大シリア史年表・地図
 小アジア史年表・地図
 ペルシア史年表・地図
 イラン史年表・地図
 インド史年表・地図
 西アジア史年表・地図
 "南アジア史年表・地図
 中央アジア史年表・地図
 北アジア史年表・地図
 東南アジア史年表・地図
 東アジア史年表・地図
 中国史年表・地図
 朝鮮史年表・地図
 ヨーロッパ史年表・地図
 ギリシア史年表・地図
 エーゲ海史年表・地図
 エジプト史年表・地図
 北アフリカ史年表・地図
 考古学ニュース
 装飾古墳
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿