2012年2月22日水曜日

既刊『記・紀解説書』の情けない実態



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録25:27頁

 《既刊『記・紀解説書』の情けない実態
 《既刊『記・紀解説書』の情けない実態

 当然その兄弟の月神もスサノオも別人であることはいうまでもない。

 在来は同一の神々だとしてきた3貴子が、

 『記』と『紀』では2組の全く別人だったことが明瞭に見分けられる。

 いや見分ける必要がある。

 何故ならそれは鋭く精密な頭の持ち主には、

 『記・紀』』自身が、共に相手を強く意識して、

 それを特記し、激しく自己主張しているのだからである。

 それに気づかなければ、『記・紀』を読んでも何にもならない。

 両者が何を訴えたいのか、よく理解して始めて史実が浮かび上がる。

 『記・紀』を同一の歴史の記録だと思い込んで、

 その決定的な「対立」にさえ気づかぬようでは、

 とても史学者の中には入れられない。

 彼等の著書は、『記・紀』の、

 それもこの巻頭第一の主題である『3貴子生み・国生み』の部分で、

 逃げ隠れできない見落としとミスを重ねた、醜態を露呈したものばかりである。

 本来なら激論すべき部分を、

 何の不審も抱かずに解説している既刊書の著者らがどの程度の人物か、

 判定するのに手間ひまはかからない。

 解説は饒舌であればいいのではない。

 量でなく質である。肩書きの維持に汲々としていたサラリーマン教育者の、

 小遣い銭稼ぎの著作だとみるしかない。

 能力の限界を自覚できない者の高望みが、不相応な肩書き詐称と雑本を生んだのである。

 お暇があれば鋭い御眼力で、ご蔵書をご再検いただきたい。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿