2012年2月5日日曜日

神話でなく『史実』だという立証と定義を提示する



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録25:7頁

 神話でなく『史実』だという立証と定義を提示する

 これを是正し、神社を本来のものに戻し、

 全人類の納得のいく礼拝対象に戻すのが、

 神話が史実だったことを突き止めた

 私たち本学会員の使命だと思うのだが如何であろうか…。

 史実によって実在が確認できた私たちの祖先は、

 どこからの渡来人であろうが、

 宣長のように唾棄したり軽蔑したりすることは許せない。

 彼等はそれなりに努力して今日の日本国の基礎を築いてくれた人たちなのである。

 だからこそ、その子孫の古人たちは移動して行った先々に、

 その神社を建てて祭った。

 それを20世紀の愚かな子孫が悪用したからといって、

 祖先を怪物扱いさせたまま葬り去ることなど絶対にできない。

 これが私(加治木義博)の考えである。

 しかしそれを世界の人々に理解してもらうには、

 充分な証拠を呈示しなければならないが、

 それにはどんな証拠があるのであろうか?。

 まず神話でなく史実だということを立証し、

 定義することから始める必要があるが、

 その代表例をご覧にいれよう。

 これをご参考に会員ご自身で探求して、

 この一大イベントを成功にお導きいただきたい。

 私(加治木義博)は

 神話とされた代表者の伊耶那岐・伊耶那美(伊弉諾尊・伊弉冉尊)2尊を、

 これまでご説明してきたものとは全く別の視点からみても、

 史実であることは疑いないという証拠群から、

 ご覧にいれることにする。


 『My ブログ』
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
コメントを投稿