2012年2月4日土曜日

近未来への危惧と神社の命運



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録25:6頁

 近未来への危惧と神社の命運

 これを迂闊にも認識できずに、逆撫でして参拝を強行、

 その都度、世界の冷たい眼を集め、

 ヒトラーなみの天敵の亡霊が今、日本を支配していると、

 北の隣国なみに日本を蔑視して、決して心を許さないのが、

 残念ながら我が国を見る世界世論なのである。

 神話という偽物が、いっまでも払拭されずにいるために、

 私たちが現実に被り、また近未来にそれがひきおこす恐るべき大被害は、

 ロマンどころの騒ぎではないと思うのだが、間違いであろうか…。

 それ以上に大きな国内の現実問題がある。

 神社がそんな明治以前の史学に支えられているのなら、

 その神話が唱えたと教えられた神州絶対不敗が、

 明白な惨敗に終わったことを知る人々には、

 今さら武運長久を祈るわけでもないし、

 何のためにわざわざ参拝するのか?疑問であり、

 外人はもちろん、日本人でも神社を見向きもしなくなるのが当然である。

 問題はここにある。

 神社が事実、本居らが教えた通りの神話の神々のものなら、

 その衰微も当然の結末で、どうしようもないが、

 私たちが追及して突き止めた通り、

 『史実』に基づいて建てられたものだったとすれば、

 それは冤罪に苦しむ無実の人と同じで、その祭神たちには、

 これ以上、気の毒な話はない。

 だが今余命を保っているのは戦国時代前後に

 ヒンドゥから輸入してドンチャカ騒ぎをやる、

 商売人神主のいる神社だけというのでは、
 
 その神社の祭神は赤面して参拝者の顔を直視できず、

 異教徒に乗っ取られた社に、居た堪(たま)らないと思う。


 『My ブログ』
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
コメントを投稿