2011年10月23日日曜日

『記・紀』は「人類の宝」、しかし亡国に使った奴ら


 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録21:15頁

 《『記・紀』は「人類の宝」、しかし亡国に使った奴ら

 私たちは『記・紀』を批判しているが、

 それは全部がデタラメだといっているのではない。

 その編集や編集者の編集態度に問題があるといっているのである。

 今、こうして神武伝承を精密に分析し、

 その記録の真相を探りだしてみると、それらの記録が、

 こんなにも細部まで真相を物語っている。

 『記・紀』は「人類の宝」だといっても、誰も反対はできない。

 それを間違った解釈や、いい加減な解説でゴマかして、

 『神典』だといったり、

 その神典の意味を取り違えて

 「絶対不可侵だ」といったりして汚(けが)してきた連中がいるから、

 日本人は世界の嫌われ者にされ、

 非戦闘員を原爆で大量虐殺されるという悲惨な目に遭わされた上に、

 その損害賠償を取るどころか、犯人を処罰することもできずにいる。

 そればかりではない。

 今なお世界の人々から白い目で見られ、

 嫌悪され続ける日々が続いているのである。

 しかしようやく、

 私たちの先祖の史実が眼に見るように展開される日がきた。

 私たちはギリシャ人やシュメル人を先祖にもつ、

 西欧人と同じ血の流れる普通の人間だった。

 世界の東の孤島だけに育った野蛮人でも、

 宇宙から侵入した怪物・エーリアンでもなかったのである。

 これで私たちにとって

 何が正しく、

 何が悪か、

 なにが神で、

 なにが悪魔か明瞭になった。

 私たちの前途が、ようやく輝き始めたのである。

 『My ブログ』
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 
 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕 
コメントを投稿