2011年10月6日木曜日

誰がいつまでも「田舎紛争建国」を信じるか


 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録21:4頁

 《誰がいつまでも「田舎紛争建国」を信じるか

 しかし、それは「初代の王が即位した年」というものであって。

 それを「神武天皇」なる特定の人物の事跡だと主張すると、

 まるでウソになってしまう。

 在来の史学や好戦主義者は、このウソの部分を巡って論争を繰り返している。

 だから奈良県の田舎の地域紛争にすぎない貧弱きわまる建国史観が、

 21世紀になっても紛争のタネになっていたのである。

 この紛争では、どちら側に分(ぶ)があるかといえば、

 紀元前660年の奈良建国を否定してきた唯物史観側が勝っている。

 それだけでなく、たとえ皇国史観の側が勝ったとしても、

 私たちの祖国の建国を、田舎の土地争奪紛争だと主張することが、
 
 皇祖皇宗を不当に侮辱(ぶじょく)する事実を無視することはできない。

 それは単に皇室だけでなく、私たち1億数千万の日本人全体に対する、

 絶対に許容できない重大な人権侵害なのである。

 いかに最近の国民の一部が哀れな知能状態だといっても、

 それは意識して題材を低俗化させている、低劣なテレビ制作者が、

 人為的に造りだした印象であって、

 この程度のことが解らないほど日本人全体が愚かなわけがない。

 ごく近い将来には、

 私たちの知っている歴史の真実が常識化することは疑いない。

 そして人類愛に燃え、エネルギーに溢れながら、何をすればいいのか解らない人は多い。

 私たちは彼等を1日も早く啓蒙して、世界の檜舞台に送りださねばならないのである。

 『My ブログ』
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 

 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕 
コメントを投稿