2011年10月12日水曜日

委奴国、呉・高麗、井出、美濃の語源


 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録21:10頁

 《委奴国、呉・高麗、井出、美濃の語源

 ⑧ イノ 井野、猪野、伊能など 多数の 当て字を使った姓 がある。

              福岡県志賀之島出土の、

              『漢委奴国王』金印に彫られた「委奴(いの)」もこのイノ。
                                         
 ⑨ クレタ 呉      呉の字をクレと読むのは、三国志時代の呉(ゴ)が、

              ギリシャ系の烏孫人で、

              その出身がクレタ島だったという証拠である。

              クレタ島は呉(クレ)と田島とに2分されて、

              ポセイドンが百済と出雲などに2分される原則通りである。

              しかし、我が国では高句麗も高麗と書き、クレと読ませている。

              これはその位置からみて「北」を意味する国名だから、

              インド語起源のカラ=黒とともに、

              人々の出自とは切り離して考えなければいけない。

              しかし五彩圏連邦がなくなった、

              いわゆる「大化改新」以後に生まれた

              高麗は沖縄が母胎だから、

              クレタとカリエン両系が1つになったクレである。

 ⑩ イデ 井出・出    この発音の姓もよく知られた姓である。

              沖縄語では江戸もイヅになり、イヅは南九州語でイデ。

              だから出光(いでみつ)は出水から生まれた読み替え。

 ⑪ ミノス 美濃     このミノへの当て字は、箕、蓑、水納、耳納、箕面などと多い。

              その中でも和歌山県の箕島は、

              当て字を箕洲と書けばミノスそのものである。

 『My ブログ』
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 
 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕 
コメントを投稿