2011年10月30日日曜日

解明の恩人=ギリシャ系史実の遺物はどれ程あるか?


 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録21:28頁

 《解明の恩人=ギリシャ系史実の遺物はどれ程あるか?

 それに比べると、はるかに知性も人権意識も進んだ現代に、

 唯物史観と称してソビエトの政策の手先になった連中に、

 為にする非難で無茶苦茶にされた天皇たちの「人権」は、

 誰が守り、それを実行した犯人たちは、

 どんな罪名で、どんな罰を受けるのであろうか?…。

 しかし私たちは、そんな死者の名誉よりも、

 そんな史観と史学に汚名を著せられて、

 世界の孤児は愚か、憎むべき宇宙怪物、

 インベーダー視されたままの今の日本人、

 それを宿命のように明日の世界で背負わされる子供たちの、

 被害の深刻さが見えるだけにさらに心が痛む。

 だが私たちは今、それを氷解させる史実を努力して手にした!。

 もう心配はいらない!。

 あとは唯、1日も早く世界の人たちに、

 それを知ってもらうだけだという所まで来た!。

 その解明の恩人は、

 ギリシャ系の人たちが残していた史実の遺物たちだった。

 それはどれ程あるか?ここで再検して、

 私たちの結論が架空のものではないことを再確認しておこう。

 『My ブログ』
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 
 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕 
コメントを投稿