2011年10月9日日曜日

邑婁、天照大神、嘉手納、門松、千葉、淡路島


 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録21:8頁

 《邑婁、天照大神、嘉手納、門松、千葉、淡路島

 ① ユウロ 邑婁(ユウロ) ヨーロッパだけでなく、『魏書東夷条』には邑婁が明記されている。

              その位置は朝鮮半島の北端、高句麗の隣国で、冬でも裸でいるという。
 
              古代ギリシャの風俗画そのままの国民が、
 
              古代ギリシャ式に洞穴に住む。

 ② ゼウス 天照(ゼウ)ス 大神卑弥呼がソナカと結婚する前は、ゼウスを祭る神官で、

              この大神に仕えており、

              これはその神名に対する当て字だという結論になる。

 ③ アテナ 嘉手納    沖縄の現在の大きな地域名・嘉手納は古代に

              アテナという地名に当てた当て字から変化したもの。

 ④ カドモス 門松    海神ポセイドンの聖木・松は船の用材として尊とばれた。

              それを新年の象徴として門に飾りカドマツと呼ぶのは、

              フェニキヤ系ギリシャ人の英雄・カドモスのテーバイ王国建国

              繁栄の幸運を子々孫々まで忘れず、自分たちもまたそれに、

              あやかりたいという祈りの表現。

 ⑤ テーベ 千葉     テーバイは原名・テーベに「ai]という国称語尾をつけたものである

              沖縄発音は「e」を「i」に発音するから、テーベはチバになる。


 ⑥ アフロディテ     淡路島は。

              淡=アフ、路=ロ、島=ジ国(マ)で、アフロジ津国への当て字。

 『My ブログ』
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 
 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕 
コメントを投稿