2011年10月26日水曜日

真相は年代ではなく数字による応神天皇の名乗り


 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録21:24頁

 《真相は年代ではなく数字による応神天皇の名乗り


 だからこの問題は、ここで止めてしまってはならないのである。

 なぜなら、いかに古代人だといえ、

 現代人でも手に余るような『日本書紀』を編纂した人たちが、

 そんなにも愚かな人揃いだったとは考えられないからである。

 彼等もそれがオーバーだ位いは解っていたはずなのに、

 それを敢えて記載したのには、

 思いつきや、出まかせではない「根拠」があったとみなければいけない。

 なぜなら『日本書紀』は個人が書きなぐった作品ではなく、

 多くの人が合議し、検閲し、推考を重ねて、

 すくなくとも推古天皇28年(620年)から、

 元正天皇養老4年(720年)まで、

 100年がかりで完成した歴史をもっているからである。

 ではその検閲をパスした根拠は何だったか?

 それは編者の誰かが新たに書きこんだものではなく、

 記録として木簡に書かれて実在していたという以外、

 他には考えられない。

 しかしそれを正しく読める者がいなかったから、

 この奇妙な年代が出来上がったのである。

 これを整理すると。

 その文字は数字だけで、「一七九二四七十」と書いてあったのである。

 これは「ヒナクニシナト」という名詞を写した当て字だったのだ

 漢字に直すと「日奴国、品都(シナト)」で、

 これは「肥の国 品都(ポントス)、

 もうよく御存知の通り、肥後の天草に本渡・栖本などの地名を残している

 応神天皇の「名乗り」の一つを、読み損なったものだったのである。

 『My ブログ』
 歴史徒然
 ネット歴史塾
 ウワイト(倭人)ウバイド        
 オリエント歴史回廊(遷都)    
 古代史の画像 
 歴史学講座『創世』うらわ塾
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         
 
 小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
 メソポタミア世界
 シュメル-人類最古の文明 
 The ETCSL project,Faculty of Oriental Studies, University of Oxford

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕 
コメントを投稿