2012年4月24日火曜日

出雲は政権の拡大に伴う移住者が造った国か?




 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録27:29頁


 『出雲は政権の拡大に伴う移住者が造った国か?
 「出雲は政権の拡大に伴う移住者が造った国か?

 では何故?

 出雲に関連地名があり、

 そこに関連人物が神として祀られているのであろう?。

 神官が書いた『社記』や『縁起』にも、

 また『古代日本正史』などの「解説書」にも、

 いかにもその土地で祭神が生まれ、

 それが地名にも反映しているように書いてある。

 しかし以上みた所では、それはあり得ないという結論しか出ない。

 この点をさらに深く考えて見よう。

 1 出雲は最初からそこにあったのではない。

   <倭>と<日本>が分立していた時代には

   山陰に日本の領土は絶対にない。

   地名、国名が、沖縄などで発生したあと、

   次第に大きくなりながら、北上し、

   東に分布していった痕跡が、全面的に明瞭に見てとれるし、
         
 2 例の奴国(ノマ)が『魏書倭人章』の中だけでも、

   分裂して2ヵ所に分かれ、

   北のものは大国化した事実が、

   明瞭に記録されているからである。

 3 また出雲の語源も。

   ポセイドンであり、

   百済・出水と当て字したものから

   さらに出雲と当て字されたこともわかっている。

   その百済・出水の分布は南九州から始まっている。

 4 さらに<大国主>伝承の中心になっている史実が、

   卑弥呼政権から壹與政権への国譲りであり、

   それが天照大神と素戔嗚の尊の誓約(うけひ)であり、

   それは薩南諸島から進攻した位宮が卑弥呼と争った史実であり、

   現に<卑弥呼>は<大穴持>として国分市に祀られている。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿