2012年4月23日月曜日

日本人の権威と誇りを踏みにじるマンガ本対策




 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録27:28頁


 『日本人の権威と誇りを踏みにじるマンガ本対策
 「日本人の権威と誇りを踏みにじるマンガ本対策

 ご覧の通り、

 寓話を史実と勘違いした昔の神官が、

 それを利用して建てた祠に、

 勿体づけに考案した由緒(ゆいしょ)を鵜呑みにして、

 大国主像を組み立てたものに過ぎない。

 本当の史実である国家の経倫を語る比喩は、

 完全にお伽話になり下がって、

 子供向きのマンガ本程度の幼稚さにまで下落してしまっている。

 これではラフカディオ・ハーンが紹介した

 明治以前の出雲観と少しも違わない。

 それを今になって権威ありげに出版物にして、

 欧米の蔑笑をさらに強めるというのは、

 全く時代をわきまえない反逆行為だというしかない。

 歴史をオモチャにするマンガ作家とともに、

 売れればいいという卑しい心理と倫理感の欠如が、

 我が国の子供たちの未来を真っ暗にしているのである。

 私たちはそれを傍観してはいられない。

 既に『記・紀』がどんな書物であり、

 その内容が高度の文明が生み出した知性の結晶であり、

 世界に誇るべき最高の理想を実現しようとする教科書だったことを確かめた。
 
 それを少しでも速く国民の教養にするため積極的に行動して、

 正しい真の祖国観を、

 全国民の教養にまで高めなければならないのである。

 これについては言語復原史学会の「安部忠宏」山陰支部会長と、

 正会員・中庸学研究所長の宮川謙二先生とが、

 良い具体策をご検討になっている。

 なにとぞ諸先生方もご協力の程を、

 心からお願い申し上げたい。


 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿