2012年4月14日土曜日

過去の『出雲神話論』が総て無意味である理由



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録27:19頁

 《過去の『出雲神話論』が総て無意味である理由
 「過去の『出雲神話論』が総て無意味である理由

 こうしたことが現実に実在していることに注目した上で、

 『記・紀』を論じるのでなければ

 『記・紀』の本当の内容は語れないことが、

 おわかりになると思う。

 出雲神話と呼ばれてきたものが、

 「国譲り=皇位継承」の基本理念を教え、

 有効無効を裁決するための憲法だったことが、

 先ず充分語られた後でなければ、

 どんなに解説してみても無駄だからである。

 それは『記・紀』を

 『魏書倭人章』のような「歴史記録」だと無批判に錯覚したままで、

 国譲りを村長の交替ていどの事件記録だと思い込み、

 スサノオを暴力による政権奪取者だと思っていたのでは、

 どんなに名前や地名を持ち出しても、根底から間違っているからだ。

 スサノオの八俣大蛇退治を語ろうとすれば、

 それを『記・紀』の冒頭に配置した天皇の、

 強い意図をまず突き止めなければならない。

 天智天皇が『原・日本書紀』を作らせたとき、

 彼が倭国の前帝=天照大神を何故?討たねばならなかったのか?

 という動機と理由を明確にして、

 彼の行為が正しかったという法的根拠を提示する必要があったのである。

 すると八俣大蛇は、毎年、処女を奪いにくる。

 これは巫女として美女を集め、

 宮殿や宗教設備を築造するといって一家の働き手を労役に狩りだし、

 高い税を徴収する役人が横行して国民が泣いたことが

 「斉明天皇紀」に書いてある。

 大蛇はその要約だとわかるのである。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿