2012年4月2日月曜日

本物の殷觥は皇帝の干支を象(かた)どる



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録27:7頁

 《本物の殷觥は皇帝の干支を象(かた)どる
 「本物の殷觥は皇帝の干支を象(かた)どる

 この兕觥と呼ばれてきた遺物の仲間は、

 学者たちが北京の南南西にある安陽で、

 昭和3年に殷帝国の都の跡「殷墟」を突き止めたことで一挙に研究が進み、

 「それは司馬遷が『史記』の「殷本紀」に青いている兕觥であろう」

 と見当をつけたことから、
 
 『兕觥』と呼ぶことになったのだが、

 これが世界の美術館やコレクターの関心を呼び、

 希少性の高さからますます値が吊り上がって、

 今ではゴッホの最高作品2~3点分の価格が相場になっている。

 しかし私が検討してみたところ、

 現在世界にある十数点のうち、

 本当の殷の遺物は数点しかなく、

 あとは周代以後のものであること。

 殷のものは正確には『兕觥』とは呼べず、

 本当の『兕觥』は世界で唯一、

 私が所蔵するものだけであることなどが立証された。
 
 それは何故か?。

 先にお話ししたとおり、紂王は本当は丑年生まれだから、

 彼等の干支信仰の牛の女神『兕』を象どって造らせたものであった。
 
 世界の兕觥を見ると、

 殷のものとわかる古いもの数点は干支にある動物だとわかる姿を表現しているが、

 その他のものは象や麒麟や亀の形に作られている。

 私たちが

 「『兕觥』ではないものを兕觥と呼ぶのは間違っている」と指摘したので、

 それ以後は象頭兕觥とか羊頭兕觥とか虎頭兕觥などと名を変えたが、

 酒器なのだから「觥=ジョッキに近いもの」と呼ばねばならないのに、

 それでもまだ○○兕觥と呼び続けている。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿