2012年4月6日金曜日

人類社会に溢れている「国譲り」「八俣大蛇退治」



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録27:11頁

 《人類社会に溢れている「国譲り」「八俣大蛇退治」
 「人類社会に溢れている「国譲り」「八俣大蛇退治」

 人間の起こす事件は、

 要約すれば幾つかの類型に分類できる。

 神託や予言の本質は、この類型集なのである。
 
 この限られた地球上で生活し、

 同じ肉体をもち、同じものを食べている人間が、

 同じ生産、同じ経済、同じ政治、同じ駆け引き、同じ災害・異変、同じ喜怒哀楽を

 体験しながら毎日を生きている。

 事件というのは、そこにたまたま起こる波乱だが、

 それもまた「同じ類型」に分類できる。

 だからこそ「教育」という手段が生まれ、

 「法律」というブレーキが考案されて、

 迷走し暴走する人間を、少しでも減らす努力をしているのである。

 『記・紀』や『史記』が、

 教科書の性格をもっているのも、また当然のことなのだ。

 「大国主の国譲り」も

 「スサノオの大蛇退治」も繰り返し起こる。

 それは現在でも私たちの周りで絶え間なく起っている。

 巨大銀行、巨大自動車メーカー、大球団が潰れたり、

 外人が社長になったりするのもそれだし、

 同時多発テロがアメリカを討ち、

 サダムをブッシュが討ったのもそれだし、

 子供が親を殺すのも極端な例だが、やはりその変種なのである。

 それほど極端ではなくても、

 中小企業が潰れて債権者のものになるのも同じ、

 株主総会のたびに経営者が交替する。

 これも国譲りだし、大蛇退治でもある。

 それを予言し、警告している『神話』も『記録』も結局は神託であり、

 予言であり、教科書であり、憲法>なのである。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿