2011年2月20日日曜日

カドモスの国・フェニキヤは「船木国」

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録16:10頁

カドモスが生まれた国の名・フェニキヤも重要な名詞である。

そこは古代ギリシャ中でも最も有力な海軍国で、

スペインなど各地に植民地を造り続けた。

その国名に当て字すれば、船木国になる。

船の木は松。カドモスと門松はここでも結びつくのである。

ただしフェニがフネというのはオカシいという疑問が残る。

これは沖縄語を考えればきれいに晴れる。

沖縄で最も有名な戦跡「マブニの丘」は、

摩文仁と書くが、そこは沖縄本島最南端に近く、

一望、果てしない太平洋を見渡す丘だから、

「船しか見えない丘」で、

それを叙情的に表現した「真船の丘」が、

命名者の意図した本来の名前なのである。

真船がマプニになるのは

本来の沖縄語には母音のエがないからフネがフニになる。

だからフェニもフニで船と同じになるから

船木国で完全に表現されているのである。

いまギリシャや、その植民地遭跡一帯へ行ってみると、

見事な松原や松並木が残っている。

紛れもなく文字通り「船木の国」だったことが実感できる。

日本語の「フネ」の語源がフェニキャだったことは疑問の余地がない。

従来、古墳人は北方騎馬民族だといわれてきた。

古墳に壁画や埴輪の馬があり、

石の馬も九州と出雲で出土したから、

有力な証拠とされていた。

しかし彼らは船や松には縁がない。

それは全て海神・ポセイドンとだけ、

矛盾なく結びつく、動かぬ証拠群だったのである。

『参考』

翻訳と辞書 [無料]
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
『メソポタミア世界』
シュメル-人類最古の文明
歴史徒然
歴史学講座『創世』
歴史回廊  
ウワイト
古代史の画像
コメントを投稿