2011年2月7日月曜日

『邪馬台国大和説』を消滅させた「橘は…」の歌

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録15:29頁

だから允恭と雄略は仇敵だったが、

系譜上は親子になる。

しかし本当の血縁の上からいっても、

允恭天皇らの高句麗系も、

応神・雄略天皇らの倭国系も、

同じ台湾~与那国~沖縄~種子島と進んできた

ギリシャ系五彩圏連邦の天皇家の一員であることは、

孝昭、孝安・孝霊・孝元4天皇のところでお話しした。

それがさらに時とともに様々な人種の渡来人を血縁に加え、

互いに勢力争いをしながらも、

結局は互いに支えあってきたのである。

7世紀の世人は、

それを

「橘(種子島系人)は己が枝々実れども

(平素は好き勝手なことをしているが)

(ひとたび事が起こると)

同じ緒(お)に貫く(1つに増結して血統を守る)」

という戯れ歌にして歌ったと、

『日本書紀』が記録している。

これは天皇家を批判した不利な記事なのに隠さずに

わざわざ載せているのは、

それが天皇たちに必要な教訓だからだ。

これも

『記・紀』は『帝訓=教科書』の役目を果たし、

『憲法』でもあったという証拠である。

しかしこの歌は、さらに重要な証拠になる。

それは7世紀の奈良人が自分たちと天皇たちとを、

はっきり区別している事実だ。

仮に『邪馬台国大和説』がいうように、

卑弥呼たちが奈良県に居たのなら、

神武即位後700年もの間には同化していて、

天皇家を「橘」などと、

異人種視することはない。

邪馬台国大和説は、

これ1つでも完全に消滅するのである。

『参考』

翻訳と辞書 [無料]
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
『メソポタミア世界』
シュメル-人類最古の文明
歴史徒然
歴史学講座『創世』
歴史回廊  
ウワイト
古代史の画像
コメントを投稿