2011年2月11日金曜日

新年に飾る[門松]の意義とルーツは?

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録16:3頁

正月を迎えると我が国では門松を立てる。

最近は少なくなったが、戦前は長屋住まいの人でも、

根のついた松苗にノシを掛けたものを、

玄関の左右に打ちつけて、松の内を祝った。

ところが戦争が長引いて、

航空燃料に松根油を供出するという断未魔状態になると、

政府が

「松は重要資源だから門松は国策に反する、絵で代用するように」と命令したので、

以後は門松の絵を印刷したものを貼るようになった。

敗戦後「そんな縁起でもないことをしたから敗けたんだ」といった人がいたが、

戦後はデパートなどが賑々しく大きな松竹梅を飾るくらいで、

全国的に廃れて、クリスマス・ツリーのはうが目立つようになった。

しかしなぜ門松を立てるのか?

在来の手法なら何でもかでも

「中国から来た文化だ」で済まされてきたが、

中国には松を特別視する宗教や習慣はない。

それがあるのは只1カ所、ギリシャだけである。

古代ギリシャでは船を造るのに松が欠かせない適材だったから、

今も「ポセイドンの聖木」として神聖祝されている。

この門松(カドマツ)という姓が鹿児島にある。

私の古い友人にも門松君がいたが、

背のスラリとした欧米型の美男子だった。

すると初めて松の木が、なぜ「マツ」という発音をもっているのか?が、わかる。

『参考』

翻訳と辞書 [無料]
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
『メソポタミア世界』
シュメル-人類最古の文明
歴史徒然
歴史学講座『創世』
歴史回廊  
ウワイト
古代史の画像
コメントを投稿