2010年2月21日日曜日

日本古代王族の婚姻系譜(1)

 『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録04:7頁

 出典:言語復原史学会・正会員:柿本一征

 ━大和説は歴史の捏造━

 目次

 はじめに

 1 3世妃後半の系譜(高句麗、前新羅、前金官加羅国)

 2 故国原王の妃、備前車塚古墳周辺古墳被葬者の推定

 3 北九州列石遺跡(おつぼ山、雷山、帯隈山)の築造者推定

 4 布都久留の鹿児島王朝、鷲住王の息子カゴサカ・オシクマ皇子

 5 末仇と味鄒の子孫

 6 五人の継体天皇、六人の欽明天皇

  (1) 5人の継体天皇と継体妃

  (2) 6人の欽明天皇と欽明妃

  (3) 稲目

  (4) 牟宜都君等の祖押黒弟日子王
  (5) 16世道設智王(月光太子)

  (6) 市辺押磐と「蘇我氏の祖」

 あとがき

【補講1】「比流王と近肖古王」

【補講2】「壇右槐と伊買」

 (付録)添付系譜一覧

 日本古代史の動因なる「実在者の系譜」復原(2世紀半ば~3世紀半ば)

 日本古代王族の婚姻系譜(1)柿本一征 言語復原史学会正会員

『参考』

翻訳と辞書 [無料]
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書
『メソポタミア世界』
シュメル-人類最古の文明
歴史徒然
歴史回廊  
ウワイト
古代史の画像
コメントを投稿