2010年2月12日金曜日

語源はパーリ語のウッビラービか?

『出典』言語復原史学会・加治木義博:大学院講義録03:22頁

しかしこれで終りにしてはいけない。

それはパーリ語にもこの大日霎の貴にピッタリ合う

「ubbilavi ウッビラービ 幸福・歓喜」という言葉があるからだ。

それが全く無関係だとは言い切れない証拠として、次の比較リストをご覧にいれる。

パーリ語 幸福・歓喜

ubbilavi ウッビ ラービ十女(メ)→幸福姫・歓喜姫

         大 日 螺 美

                    ウフヒ ル ミ   沖縄語

                    オオヒ ル メ   本土語

                    大 日  霎    当て字

                    オ カ レヒメ   本土語

                    大 日 流比売   当て字

                    オ   ルヒメ   本土藷

                    阿 加 流比売   当て字

ア カ ルヒミ   沖縄藷

  明    姫     当て字

こうみてみると、確かにパーリ語が語源のように見える。

このウッビラービのほうがギリシャ語のアカイヤより、

はるかに大日霎の貴にピッタリ合って見えるからである。

『参考』

翻訳と辞書 [無料]
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕
小林登志子『シュメル-人類最古の文明』:中公新書"
『メソポタミア世界』
シュメル-人類最古の文明
歴史徒然
歴史回廊  
ウワイト
古代史の画像
コメントを投稿