2012年12月25日火曜日

フェニキヤ文化の東方伝播コース



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録36:24頁

 《フェニキヤ文化の東方伝播コース
 「フェニキヤ文化の東方伝播コース

 図: メソポタミア文明の東方伝播

 「彩文土器のコース」
 《彩文土器のコース
 「彩文土器のコース

 ≪海上≫

 ◇フェニキヤ・ハッスーナ(5000B.C.)→バクーン・スサ(4000B.C.)→アラビア海→

  スリランカ→インド洋→マレー半島・マラッカ海峡→南シナ海→台湾→琉球→南部九州→
 
  北部九州→日本本州・朝鮮半島

 ≪陸上≫

 ◇フェニキヤ・ハッスーナ(5000B.C.)→アルボルズ山脈・イラン(ドルメン)(4500B.C.)→

  中国領・トルキスタン(3900B.C.)→フェルガーナ→ヤンチャオ・迎韶(4000~3000B.C.)

 ◇フェニキヤ・ハッスーナ(5000B.C.)→バクーン(4000B.C.)→シスターン(4000B.C.)→

  ハラッパ・インダス文明(3500B.C.)→中国領・トルキスタン(3900B.C.)→

  フェルガーナ→ヤンチャオ・迎韶(4000~3000B.C.)


 ◇フェニキヤ・ハッスーナ(5000B.C.)→バクーン(4000B.C.)→シスターン(4000B.C.)→

  ハラッパ・インダス文明(3500B.C.)→東インド(ドルメン)→東南アジア(ドルメン)→

  浙江省(ドルメン)→ヤンチャオ・迎韶(4000~3000B.C.)

 『フェニキヤ』
 《フェニキヤ
 「フェニキヤ

 『ハッスーナ』
 《ハッスーナ
 「ハッスーナ

 『バクーン』
 《バクーン
 「バクーン

 『スーサ』
 《スーサ
 「スーサ

 『アラビア海』
 《アラビア海
 「アラビア海

 『スリランカ』
 《スリランカ
 「スリランカ

 『インド洋』
 《インド洋
 「インド洋

 『マレー半島』
 《マレー半島
 「マレー半島

 『マラッカ海峡』
 《マラッカ海峡
 「マラッカ海峡

 『南シナ海』
 《南シナ海
 「南シナ海

 『台湾』
 《台湾
 「台湾

 『琉球』
 《琉球
 「琉球

 『南部九州』
 《南部九州
 「南部九州

 『北部九州』
 《北部九州
 「北部九州

 『日本本州』
 《日本本州
 「日本本州

 『朝鮮半島』
 《朝鮮半島
 「朝鮮半島

 『アルボルズ山脈』
 《アルボルズ山脈
 「アルボルズ山脈

 『トルキスタン』
 《トルキスタン
 「トルキスタン

 『フェルガーナ』
 《フェルガーナ
 「フェルガーナ

 『迎韶』
 《迎韶
 「迎韶

 『シスターン』
 《シスターン
 「シスターン

 『ハラッパ』
 《ハラッパ
 「ハラッパ

 『インダス文明』
 《インダス文明
 「インダス文明

 『東インド』
 《東インド
 「東インド

 『東南アジア』
 《東南アジア
 「東南アジア

 『浙江省』
 《浙江省
 「浙江省

 ◆セットになった(彩文土器文化)

 1 彩文土器
 《彩文土器
 「彩文土器

 2 甑形土器(こしき)
 《甑形土器(こしき)
 「甑形土器(こしき)

 3 石包丁
 《石包丁
 「石包丁

 4 土・石製腕輪
 《土・石製腕輪
 「土・石製腕輪

 5 日乾し粘土のコマ
 《日乾し粘土のコマ
 「日乾し粘土のコマ

 6 イネ(英国のマロワン氏アッシリアの稲発見)
 《イネ(英国のマロワン氏アッシリアの稲発見)
 「イネ(英国のマロワン氏アッシリアの稲発見)

 7 ドルメン(支石墓)
 《ドルメン(支石墓)
 「ドルメン(支石墓)

 8 女神像
 《女神像
 「女神像

 9 言語
 《言語
 「言語

 10 文様
 《文様
 「文様


 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」 

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏        

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
 装飾古墳
コメントを投稿