2012年12月17日月曜日

古墳のあるじ肖像彫刻と写真



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録36:16頁

 《古墳のあるじ肖像彫刻と写真
 「古墳のあるじ肖像彫刻と写真

 この古墳に葬むられていたのは、どんな人か。、

 この古墳の出土品ではないが、

 同じ時代に群馬県由良に葬むられた人物は、

 貴重な肖像を残してくれた。

 写真でご覧の通り両耳の前に「みづら」を垂らして、

 山高帽をかぶっている。

 それがなぜ貴重かというと、

 服装は異なるが、やはり、そっくりの山高帽をかぶり、

 「みずら」の位置に髪を垂らして頭部は全く同じだと言っていい人々を、

 現代でもなおイスラエルで日常に見かける、

 今も生きている風俗だからである。

 しかしこれだけで、

 古墳時代人はイスラエル人だったと早合点してはいけない。

 それを教えてくれるから、

 この埴輪の貴重さは、さらに倍加するのである。

 《群馬県由良古墳の埴輪
 「群馬県由良古墳の埴輪

 《みづら
 「みづら

 《山高帽
 「山高帽

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
 装飾古墳
コメントを投稿