2012年12月15日土曜日

巨大な証拠物件=江田船山古墳



 『Yahoo!天気・災害』 

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録36:14頁

 《巨大な証拠物件=江田船山古墳
 「巨大な証拠物件=江田船山古墳

 図:インド洋のモンスーン・表面流・海流
   インド洋のモンスーン・表面流・海流
   インド洋のモンスーン・表面流・海流

   モンスーン
   モンスーン

 図:植物(アダン)
   植物(アダン)
   植物(アダン)

 その位置はやや北上しているが

 熊本県の江田船山古墳である。

 ここは長文の象嵌銘のある鉄剣が出土したことで有名な遺跡である。

 その古墳の主がどんな人物だったか、推測を助ける立体肖像もある。

 それはこの古墳の出土品ではないが、ほぼ同時代のものである。

 《江田船山古墳
 「江田船山古墳

 《象嵌銘のある鉄剣が出土
 「象嵌銘のある鉄剣が出土

 《江田船山古墳の出土品
 「江田船山古墳の出土品

 《古墳の出土品
 「古墳の出土品

 《パーリ語辞典
 「パーリ語辞典

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」

 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP』事務局長:金原政敏         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
 装飾古墳
コメントを投稿